FC2ブログ

リンク

プロフィール

FC2カウンター

QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

カレンダー(月別)

05 ≪│2019/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「経絡」って何ですか?

私の携帯メルマガを読んでくださっている方が、私が予想していたより多く、大変恐縮しています。

そのメルマガの文の冒頭に「督脈経」という言葉が出てきます。督脈、という言葉は次回以降に紹介します。

経、とは何か、といいますと、いわゆる五臓六腑(正しくは六臓六腑ですが…)から出る、体内を氣(き)が通る管のようなもの、で、血管のように形があるわけではないので、科学的に立証されたものではありません。

その管は、線路のようなもので、ツボは駅のようなものです。特急が止まる大きな駅もあれば、各駅停車しか止まらない、小さな駅もあります。主要なツボは「経」の上にあります。

絡、とは何か、というと、経と経を結ぶ管のようなものです。

経、によってつながっているので、足に鍼を打って胃腸の調子が良くなる、ということが起こるのです。

スポンサーサイト

側頭部が痛いです・・・

耳やこめかみのまわりが痛くなる方は多いと思います。その原因の多くはストレス性のものが多いようです。頭が痛いからと言って、すぐに頭痛薬に頼るのはやめましょう。

頭の横の部分が痛くなってきた時に、よく効くのが「完骨」(かんこつ)というツボです。耳たぶを頭のほうに押すと当たる骨が乳様突起(にゅうようとっき)といいますが、その骨から親指1本分後ろに行ったところのくぼみが「完骨」です。

ここを右側頭部の「完骨」なら左の目玉を、左の側頭部なら右の目玉を目指してゆっくり押します。

正しい場所なら、ズーン、という感じの響きがあります。3分ほど押していると、頭がスッキリしますよ。くれぐれもツボを押している時はストレスの原因になることを考えないでくださいね。


《一言。》

患者さんの子供さんが、保育園から七夕の為の笹を持って帰ってきたのですが、それについて一言。

「保育園の先生もな、渡す時にしっかりと笹を見てくれないと、ウチの笹、虫ついとったがな。もうそれで家中、大騒ぎ!」

歯が痛いんです・・・

すぐ、歯医者さんに行って治療してもらってください!!!・・・ではここに書く意味がないですね。虫歯のときの応急処置として、また、虫歯ではないのに歯が痛い、疲れから来る歯の痛みの時に効くツボがあります。

上の歯の場合は、「足三里」(あしさんり)というツボが有効です。膝のおさらの下のところから親指を除いた指4本分下で、すねの外側にあります。そこを、真下でも真横でもなく、斜め45度に向かって押してください。

下の歯の場合は、「合谷」(ごうこく)というツボが有効です。人差し指と親指の間のいわゆる『水かき』といわれる部分の人差し指側で、手の甲と手のひらの境目にあります。そこを人差し指につながる中手骨と呼ばれる骨に当てるように押します。真横に押すのです。

そこを、ふたをしたペンの先を使って、ズーンとひびく位の強さで押してみてください。結構痛いです。


《一言。》
テストで、赤点(不合格)をたくさん取り、追試を受けまくっていた友人の一言。

「それだけ、テストを受けるのが好きなんです。」

合格して一回で終わるのがもったいないって・・・プラス思考もここまで来ると脱帽です。

腰や背中が痛いのですが…

外に出れば蒸し暑いのですが、室内はエアコンがかかっていて、からだを冷やしてしまっている方は多いです。からだを冷やすことで、腰から背中にかけて痛かったり、重かったりしやすくなります。

そんな時にオススメなのが「委中」(いちゅう)というツボです。ヒザの後ろ側にある、横しわのちょうど中央になります。

そこを押して痛ければ、結構な確率でからだが冷えてます。その痛かった場所の上にビーズを置いて、さらにその上からバンソウコウを貼ってください。もしくは、ドライヤーで委中を温めるのもいいです。


《一言。》
とある阪神ファンの一言。「最近、スポーツ新聞読む時、二軍の記事しか見ないことにしてるねん」

ヒザの内側が痛いのですが…

ヒザに痛みを持っていらっしゃる方は非常に多いですね。O脚の方は特に大変です。

そんな時にオススメなのが「陰谷」(いんこく)です。足を軽く曲げた時に出来て、ヒザの後ろ側にある、横に走るしわの内側の端で、さわると2つの腱があるのですが、その間にあります。

そこを押すか、ビーズのような小さくて丸くてやや固めのものをそこにあてて、上からバンソウコウを貼ってください。

くれぐれも皮膚が、かぶれないよう注意してください。


《一言。》
今年も折り返し地点ですが、上半期で何かいいことありましたか?

…と聞かれて、「いいことありました!」と言える方は幸せになる権利のある方です。

私ですか?鍼灸師の国家試験に合格、大阪府知事賞受賞、長女の誕生。いいことづくしです!

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。