FC2ブログ

リンク

プロフィール

FC2カウンター

QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

カレンダー(月別)

05 ≪│2019/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治ったら、笑える、のではないのです

よく、こういう患者さんがいらっしゃいます。

「先生ね、私はこんなに苦しいの。こんなに大変なの。だから、先生早く治して。そうしたら、笑えるようになる」

…この考え方でいくと、なかなか症状は良くなりません。

人生は、ある意味大変な思いをするために生まれているのです。

隣の芝生は青く見える、と言います。では、隣の芝生はほったらかしていて、勝手に青くなったのでしょうか?

違いますね。手間暇かかって、今の状態があるのです。

大変ではない人生を歩んでいる人はほとんどいない、といっても過言ではないでしょう。

もちろん、あなたも大変でしょう。でも、周りもあなたと同じくらい大変なのです。

大変、大変、と言っているときは、ストレスがかかっている時なので、血管は収縮します。縮こまります。

縮こまると、身体の末端まで血液が行きにくくなります。

栄養が届かない上に、代謝物・疲労物が体外へ排出されません。

ずっと、痛いままになるでしょう。

笑えば、血管は緩みます。ゆるむと、血液は身体のすみずみまで行きわたるようになります。

栄養が行きとどいて、代謝物・疲労物が体外へ排出されます。

…身体の調子がよくなります。

だから、あなたも大変でしょうが、それでも笑ってください。

そうしたら、少しずつ痛みがひくでしょう。
スポンサーサイト

私のメンターの新刊本を紹介します。

私がこのブログを書き始めたのは、私のメンター、久永 陽介氏の勧めがあったからです。

久永 陽介氏はマッサージ指圧師、針灸師、柔道整復師、整体師、カイロプラクター、財団法人日本オリンピック委員会強化スタッフ・トレーナー、株式会社オアシスグループ代表、日本ジョイレッチ協会代表など、様々な「顔」を持っていらっしゃします。

氏のセミナーを聞きに行ったあと、ランチに同伴したのですが、本当に知ってらっしゃる知識を惜しげもなく与えてくださいました。その中のひとつに、ブログを開院前から書いておいたほうがよい、というアドバイスを頂いたので、実行しています。

その久永 陽介氏の新刊本を紹介します。『となりの「エステサロン」が儲かっている本当の理由―小さなサロンの新発想マーケティング』という本です。「繁盛サロンとがっかりサロン、その違いは“ブランディング”にあった!」ということで、エステサロンのケースを通しながら、個人経営&時流にマッチした集客法や固定客増の施策、また、自分の価値を高めて安売りしないノウハウを紹介しています


地域密着型店舗ビジネス、飲食業、レンタルビデオ店、スーパーマーケット、ネイルサロン、理・美容室、美容業界、マッサージサロン、訪問ビジネス、健康産業、不動産、建築関係、通信業界、保険業、医療業界、教室、塾、スクール、スポーツクラブ、教育産業、コンビニ、お花屋、通販事業、歯科医、公認会計士など、個人経営の多い業種には全て応用できる内容となっています。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4827204888?ie=UTF8&tag=kenkoudaiiti-2&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4827204888

是非、お買い求めください。



ツボの本について考える

今日はツボについて勉強しようと思っていたのであらかじめ図書館でツボに関する本を5冊ほど借りておいたんです。中身を見ると、あまり患者様目線に立って書いてあるとは言い難い・・・

太い本になればなるほど 事細かに書いてありますよ。でも、一体誰が読むんだろう、って思うんです。例えば頭痛に効くツボは「百会に始まり・・・曲差、角孫、完骨など・・・」頭痛いときにそんなにぎょうさん押せるかい!!!本を読んでいる間に更に頭痛が悪化してしまいます。

ツボには詳しい私でもイラ~ッっとくるのに、全くの素人さんが、その本を読んで、正しいツボ位置を認識して、正しい方向に押せる可能性は、0%に近いです。せっかく東洋医学に興味を持ってくれているのに、結果として 頭痛薬飲んだほうが楽、っていうことになってしまっているのではないかな、と思います。

いい本としておすすめ出来るのは、佐藤一美さん著、『本当に効く「ツボ」が正しく押せる本』です。紹介するツボの数を極力減らして、写真でわかりやすく説明してくれています。

ツボの指圧を教える上での最大の難点は、キネシオテーピングやストレッチに比べて、少し難しい、マスターするのに時間がかかる、ということです。私はすぐにツボの位置や体内エネルギー(氣ともいいます)の流れが悪い場所が分かります。ただ、そこは触られて痛い所だったりするので、患者様からすると、あまり触れられたくないんですよね・・・

一般の方がツボを触られると、延々同じ場所ばかり もんでしまって、逆効果になってしまうこともありますし、押す圧力が弱かったら 効果はないしで・・・上記の理由で、よく患者様に「**に効くツボはどこですか?」という質問を受けますが「ツボの場所はここですが、院に来て下さい。」と答えることにしています。でも、はっきり言っておきます。正しいツボの位置と押す方向が分かればマッサージは十分に効きます。鍼なら、もっとよく効きます。

でも一般の方には少し厳しいですからね(鍼は打てませんし、マッサージをすると指がすぐ疲れてしまいますし・・・)・・・教室を開いて、微妙なツボの位置を正しく伝えたいです。

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。